MUFGイニシャルカードの詳細

翌営業日発行可能クレジットカード【MUFGイニシャルカード】

お手頃価格の良心サービスクレジットカード!MUFGイニシャルカード

MUFGイニシャルカード

三菱UFJニコスが発行している学生向けクレジットカードと言えば、MUFGイニシャルカード。最短2営業日発行と即日発行は難しいものの、在学期間中は年会費無料、海外旅行の付帯保険付き。ETCカードの発行もできて、クレジットカードとして必要最低限の機能は備えています。社会人でも、29歳以下であれば発行可能ではありますが、初年度以降年会費1,250円がかかるため、保有メリットは少なくなります。

付帯保険の対象は、海外旅行だけに限定されていて、国内旅行障害保険はついていない点にはやや注意が必要。海外旅行障害保険も、初年度は無条件に【最高2000万円】が補償されますが、翌年度からは年間20万円以上のカード利用がない場合、【100万円】に下がります。


ポイントアップのチャンスを上手に活用しない限り、還元率は、0.5%〜0.8%程度。クレジットカード全体から見て、平均的、もしくは平均からやや劣るレベル。総合的に判断すると、大学生が海外旅行に行く前に、発行を検討すべきクレジットカードという印象です。
申込詳細は公式ページへ申込詳細は公式ページへ

MUFGイニシャルカードのメリット&デメリット

年会費たった2000円でイニシャルカード、本当に価値のあるサービスを提供してくれるのか、心配にもなりますよね。

そんなあなたの不安を解消するため、メリット、デメリットを一覧表にしてまとめてみました。
特徴を理解した上で、納得して申し込みに進んで頂ければと思います。

MUFGイニシャルカードのメリット

  • 学生をメインターゲットにしているので在学中なら審査通過しやすい。
  • 消費者金融系カードと比較すると銀行系の安心感がある。
  • 学生は年会費無料にも関わらず海外旅行障害保険・ショッピング保険付き。
  • カード発行から3ヶ月間はポイント3倍。

    大きな買い物、旅行を間近に控えた発行には非常に適したポイントシステム。

MUFGイニシャルカードのデメリット

  • Suicaやnanacoのチャージでポイントが貯まらない。
  • ポイントの利用期限が2年と短い。
  • 海外旅行使いメインの割にはマイルが貯まりにくい。

即日発行をあきらめてまでMUFGイニシャルカードを持つ意味とは?

即日でクレジットカードを発行しようとすると、セゾンインターナショナルセゾンパールアメリカンエキスプレスをはじめとするセゾングループのクレジットカード、もしくはアコムACマスターカードに限られてしまいます。

海外旅行での利用が前提なら、セゾンブルーアメリカンエキスプレスが候補となるでしょう。セゾンブルーアメリカンエキスプレスは、アメックスブランドのステータスがある分、やや審査は厳し目になるのがやむないところ。確実にカード発行を目指すとすれば、1日余分に待ってでも、MUFGイニシャルカードを選択する意味は十分あります。

 

また、MUFGイニシャルカードは、有効期間の5年に到達、もしくは学校を卒業すると、自動的に審査が入って、

MUFGゴールドカードに切り替えになるシステム。
年会費2000円で発行できるゴールドカードとしては、特典が充実していて、優良カードと言われる部類のカードです。

 

「審査が入る」という点を不安に感じる方もいるかと思いますが、イニシャルカード使用時に極端な支払い遅延や信用情報の毀損がない限り、ほとんどの方が更新できます。もちろん、そこから用途に応じて、MUFG AMEXゴールド、MUFG AMEXプレステージと、上位カードへの切り替えをしていくことも可能。ライフスタイルの変化に応じて、メイン利用のクレジットカードも随時見直していくのが、賢いクレジットとの付き合い方です。


MUFG(三菱東京UFJフィナンシャルグループ)をメインバンクに考えたマネーライフの一貫として、20代の学生が最初に保有するカードとしては、非常に有効な選択肢だと思います。
申込詳細は公式ページへMUFGイニシャルカード公式ページへ